東京都小金井市の歯医者(歯科医院)。武蔵小金井駅2分、土日も診療|ライフ歯科(ライフデンタルクリニック)│症例集

ライフ歯科(ライフデンタルクリニック)
症例集
矮小歯の治療ー多磨・新小金井・武蔵境・武蔵小金井の歯科・歯医者
2018/02/05
治療前 治療後

「前歯の見た目が気になる」と来院された女性、上の左右の2番目の前歯が生まれつき小さいサイズで生えてくる「矮小歯」であったため、以前よりプラスティックを詰めて治療をしていたようです。

何度か詰め直すうちに古いプラスティックに変色が見られ、左右の見た目もいびつになってきていました。

このような歯には、ダイレクトボンディングやラミネートベニアでの治療も適応となりますが、今回は、「今までに何度も治療しているので、できる限り長く保つ方法で」「変色もしない材料で」とのご要望を踏まえ、e.maxでの治療を行いました。

家庭の事情もあり、通院回数も限られていましたので、矯正や歯周外科は行わず、被せ物のみで治療を行ったため、歯茎のラインや左右の歯冠の幅は多少異なってはいますが、日常生活で笑顔を見せた時にはほとんど分からない程度にまで治すことができ、非常に満足していただけました。

このようにライフ歯科では患者様の状況を踏まえ、多くの選択肢を提案できるよう努力しておりますので、気軽にご質問をして頂けましたら幸いです。

変色した歯の漂白ーウォーキングブリーチ、ホームホワイトニングー武蔵小金井・国分寺・東小金井の歯科・歯医者
2017/12/23
治療前 治療後

下の前歯の色を改善したい、一本だけ色が違う気がする、という40代男性の患者様。
レントゲン撮影をしたところ、下の前歯の神経が気付かないうちに壊死し、根に病気ができていました。

1本だけ色が濃い歯は、根管治療をした後、歯の内側から漂白を行い(ウォーキングブリーチ)、
他の歯は自宅にてホワイトニングを行って頂きました(ホームホワイトニング)。

3ヶ月後のお写真です。ホームホワイトニングをした歯は全体的に艶が出ています。
ウォーキングブリーチをした歯は他の歯に比べると、やや色の質感が異なりますが、日常生活においては違和感のない状態になり、患者様にも満足していただけました。

日々の生活の中で、虫歯の有無だけでなく、色の変化も気に留めて頂くことで、気がつくことも多くあります。何か気になることがございましたら、当院へ御連絡をください。

自然な色の被せ物で素敵な笑顔をーe.maxによる治療ー武蔵小金井・東小金井・国分寺の歯科・歯医者
2017/10/07
治療前
治療後治療後治療後

20代の患者様、虫歯治療のために当院へ来院されました。

よく見える位置にある歯なので、きちんと治したいということで、e.max(イーマックスと読みます)という材料で治療を行いました。

治療前後のお写真です。

近年では、「銀歯」と「白い歯」という選択肢ではなく、「御自身の歯の色」に合わせるということができます。できる限り自然に見える歯になるよう、自信を持った笑顔になって頂けるよう、提案をさせて頂きますので、お悩みの方は当院へご相談ください。

 

 

ガムピーリング・歯肉の漂白ー武蔵小金井・国立・国分寺の歯科・歯医者
2017/09/23
治療前 治療後

歯茎の色が茶色く笑顔に自信が持てない方へ、当院ではガムピーリング・歯茎の漂白も行なっております。

お肌のピーリングを受けたことがある方には馴染みのある表現かもしれませんが、
薬剤を塗ることで歯茎の表面を一層はがし、新鮮な歯茎を出すことで、綺麗な色の歯茎に戻すのです。

《こんな方にオススメ》

  • 歯茎の色が茶色く、または黒くなっている方
  • 以前タバコを吸っていた方
  • 現在タバコを吸っている方
  • 歯のホワイトニングを行なった方
  • 結婚式前の方
  • 接客業の方
  • 大切なイベントがある方

タバコを吸っている方は、経年的に再度着色してしまうことがありますのでご注意ください。
また、歯の被せ物の金属成分の流出により歯肉が変色している場合は、内部から色が沈着しているため、効果がありません。

変色の程度により何度か施術を行う場合がありますので、結婚式など大きなイベントを控えている方は余裕を持って1ヶ月ほど前にはいらしていただけると安心です。

まだあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
歯のホワイトニングにあわせてガムピーリングもいかがでしょうか?

小窩裂溝う蝕・ミニマムインターベーションー国分寺・三鷹・府中・調布の歯科・歯医者
2017/08/28
治療前 治療後

20代前半の患者様、奥歯の溝が虫歯になっているので治したい、とのことでした。歯科助手の経験もある患者様、歯科の知識もある程度ありますので、あまり削りたくないが、保険治療で綺麗に治したい、という希望がありました。
早速お口の中を拝見したところ、確かに裂溝の部分が黒くなっていました。口腔への意識も高いため、磨き残しもなく歯茎も健康な状態でしたので、フッ素塗布を行い、経過観察でも良いのではと思いましたが、探針で軽く触ってみると、部分的に柔らかくなり虫歯が奥で進んでいるところがありましたので、予防の意味も含め、今回は治療を行うこととしました。

歯の表面を超音波で清掃したのちに、先の細い やり状 のバーを用いて、う蝕を選択的に削り、削った部分には気泡が入らないよう、慎重にフロアブルレジンで充填を行いました。

今回は、保険治療ご希望でしたので、このような仕上がりとなりましたが、より明瞭な裂溝をつけたい場合には、自費治療での対応も行なっています。

それぞれの患者様の口腔内の状況に応じた歯科治療を提供できるよう臨んでおりますので、気になることがある場合は、お気軽にご相談ください。

ダイレクトボンディング、コンポジットレジン修復ー武蔵小金井・東小金井・国立の歯科・歯医者
2017/05/14
治療前
治療後治療後

定期健診で歯科医院を来院した患者さま、自覚症状はありませんが、よく見ると、歯の中が黒くなっているところがありました。

歯の表面は「エナメル質」といい、その中には「象牙質」と呼ばれる組織があります。エナメル質は人間の身体の中で最も硬い組織ですが、内側にある象牙質は比較的柔らかい組織です。
歯と歯の境い目から虫歯になったり、歯にミクロの亀裂が入ったりすると、硬いエナメル質は残り、中の象牙質から虫歯が広がることがあり、このような場合にはBeforeの写真のように、表面のエナメル質の透明度が増して、その中の象牙質が黒くなっているように見えることがあります。

患者さんのできる限り健康な歯を削りたくないとのことで、虫歯の部分のみ削り、特殊な道具を使い、コンポジットレジン(歯科用プラスティック)を詰めていくダイレクトボンディングという方法で治療を行いました。

このように限られたサイズの虫歯であれば、虫歯の部分のみ削り、綺麗に直すことも可能です。

歯磨きをする時に、光などで照らして、歯をよく見てください。そして、気になる部分がありましたら、健診にいらしてください。

ヘミセクション、歯根破折、ブリッジ、瘻孔ー武蔵小金井・立川・武蔵境の歯科・歯医者
2017/03/30
治療前
治療後治療後治療後

60代の方のヘミセクションの症例です。

長い間、歯茎の出来物から膿が出て治らない、歯医者は苦手だが違和感があるので何とかして欲しいという主訴で来院されました。
歯周ポケットの深さは一部分だけ12mmあり、歯茎にできた膿の穴(フィステル)から造影性のあるガッタパーチャと呼ばれる樹脂でできた根管充填材を挿入し、レントゲンを撮影すると近心根に到達しました。
破折を疑い、被せ物と土台を外し、根の状態を確認したところ、近心根のみが垂直破折をしていました。遠心根の状態が良かったため、遠心根のみ根管充填を行い、レジンコアを築造後、分岐部にアンダーカットができないよう細心の注意を払い二つの根を分割、割れている近心根のみを抜去。3ヶ月経過し、歯肉の状態が落ち着いたことを確認した後に、ブリッジを入れました。

先日、半年後の健診にいらっしゃいましたが、予後は良好、違和感も消え美味しく食事をされているとのことで安心しました。

歯石の除去、クリーニング、PMTC、定期健診ー武蔵小金井・国分寺・西国分寺・国立の歯科・歯医者
2017/02/26
治療前 治療後

長い間歯科医院を受診していなかった方が、健診をしたいということで、久しぶりに来院されました。

お口の中を見てみると、下の前歯の裏側に多くの歯石がついています。
お口の中からすぐに見える歯茎の上の歯石(縁上歯石)を放置していると、少しずつ歯茎の下に入り込んで行ってしまい(縁下歯石)、これを放置すると歯周病の原因の一つになります。
このような歯石は歯科医院でないと、なかなか除去ができないことが多いです。

歯石を除去すると、とてもスッキリしたようで、今後は、ここまで溜めることなく定期的に来院してくださるとのことでした。

歯を磨く時など鏡を見た時に、下の前歯の裏側を見てみてください。

根の中を綺麗に~精密根管治療-国立・国分寺・武蔵境・東小金井の歯科・歯医者
2016/12/16
治療前
治療後治療後治療後

50代の女性の患者様の根管治療の症例です。

右上の奥歯の違和感を訴えられ当院に来院されました。かなり以前に治療を受けたような気がするとのことで、詳しいレントゲンを撮影し、根管治療を開始したところ、根の中に詰めた古い材料が腐敗していました。ラバーダム防湿をした上で、腐敗した古い材料を除去、根の中が綺麗なことを確認した上で、ガッタパーチャと呼ばれる根管充填材を緊密に詰めました。

根管治療を終えた後は、確実に封鎖をするためにレジンコアを築造しました。

現在では違和感も消え、快適にお食事を取ることができるようになったようで、とても嬉しく思います。

前歯のむし歯を綺麗に〜ダイレクトボンディング法− 国立・国分寺・武蔵境・立川の歯科・歯医者
2016/11/28
治療前 治療後

40代男性患者様のダイレクトボンディング法の症例です。

痛みのあった奥歯の治療を終えた後、以前から気になっていた前歯も治したいとのことで治療を行うことにしました。
前歯は目立つので綺麗に治したいけれども、できる限り削りたくないという要望を踏まえ、ダイレクトボンディング法での治療を勧めさせていただきました。

切縁の透明度が高いことを考慮し、う蝕を除去した後に、シェードテイキングを行い、何層かの色を重ねて詰めていくレイヤリングテクニックという方法で治療を行いました。

12

全13件中 1〜10件目を表示