東京都小金井市の歯医者(歯科医院)。武蔵小金井駅2分、土日も診療、評判・口コミ|ライフ歯科|インプラント

ライフ歯科
インプラント

ライフ歯科式インプラント~「コンピュータインプラント」

当院では、コンピューターシステムを利用し、「安全」にオペを遂行するコンピュータインプラントを提供しています。

これまでのインプラント治療は、歯科医師の「経験や勘」を頼りに行われてきました。
しかし、これでは歯科医師の経験値や技術によって治療の質に差が出てしまいます。

実際、過去にも経験の浅い歯科医師がインプラントを入れる深さを誤り、大きな事故に繋がってしまったケースもありました。このような事態を避けるため、当院では治療前にCTを使い、より精度の高いインプラント治療を提供しています。

CT撮影による精密診断と安全に配慮した治療計画の立案

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。

CTを利用することにより、1回数十秒の撮影で、診断に必要なあらゆる情報を三次元画像で得ることができます。二次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかった事、分からなかった事が、CTを利用することで正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティを高めることが可能となります。

※当院では、患者様のご自宅に近い提携医療機関でCT撮影をお願いしています。

二次元レントゲンとCT装置との「見え方」の比較をお伝えします。
左の画像が二次元レントゲンで、右の画像がCT画像です。どれも同一の患者様の画像です。
分かりやすいように、根尖病巣という歯の根の病気を判断した際に利用した画像をご紹介します。

マークがついている部分が根尖病巣部分です。
二次元レントゲンではうっすらとしか映っておらず判断に迷う部分ですが、CTでははっきりと映し出されています。

医療において「見える」「見えない」は治療クオリティに大きな差が出ます。ましてや外科手術を伴うインプラントにおいてはなおさらです。CT撮影を行うか否かも医院を選ぶうえでの判断材料にしていただければと思います。

CTで取得したデータ以外にも、既往歴の聞き取り・血圧・感染症などの全身健康状態のデータをもとに、「インプラントができるのかできないのか」「リスクはあるのか否か」「インプラント以外の方法が適切か否か」などをしっかりとご説明させて頂きます。

CTデータによるシミュレーション-オペ前に情報を把握

当院ではインプラント治療の前に、CTデータによるシミュレーションを行います。今までは、歯茎を切開してみなければ分らなかった事が、手術前に分ってしまうことが特徴です。骨の厚さや血管の位置などが事前に分かることで、手術前に様々なシミュレーションが可能になります。どの部分にどのサイズのインプラントを埋入するのか、血管・神経を避けるにはどの部分に埋入するのが適切かなどを把握することができます。

以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。
しかし、CTを上手に活用することで、「経験や勘」といったあいまいなものに頼るのではなく、寸分の狂いのない「データ」に基づいた手術が可能となり、安全性・正確性が格段に向上することになっています。これにより万全の態勢で本番のオペに臨むことができるようになっています。

ライフ歯科式インプラント~「体制編」

体制1 寝ている間に終了する「睡眠麻酔治療」

基本的にインプラント手術では身体への負担が大きい全身麻酔ではなく、通常の治療の際に使用する局所麻酔を用います。局所麻酔だとしても、手術中の痛みを抑えられます。

しかし、局所麻酔なので意識がはっきりとしていますので、手術中の物音や会話が全て聞こえてしまい、緊張や不安を感じてしまうことがあります。このことが原因で、心身に大きなストレスをもたらし、場合によってはパニックになったり、呼吸・血圧・脈拍等に影響を与えることもあります。

そこで全身麻酔に近いにも関わらず身体に負担の少ない「静脈内鎮静法」という方法を当院では採用しています。この静脈内鎮静法により患者様は「うとうと」した状態になり緊張や不安を感じないまま手術を終える事が出来ます。

この方法を利用した患者様のほとんどが「気づいたら終わっていた」とお話しされます。もちろん、副作用や後遺症などありませんのでご安心ください。

当院では、静脈内鎮静麻酔を行う場合は、提携している麻酔専門医の先生と共に治療を行います。

体制2 世界的に評価の高いインプラントメーカーの利用

インプラントメーカーは全世界で200社、日本国内でも30社存在するといわれておりますが、安全性がしっかりと立証されているメーカーはそれほど多くありません。当院では、インプラントの研究・科学的な文献による裏付けや生産管理がトップクラスであるノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。

また、世界的なメーカーである、ストローマン社のインプラントも導入しています。
ストローマンインプラント社(世界シェア1位)、ノーベルバイオケア社(世界シェア2位)となります。

シェアを獲得しているということは、多くのドクターにその有効性が認められているからに他なりません。粗悪なメーカーは自然に淘汰されます。

ストローマンインプラント社、ノーベルバイオケア社のインプラントは世界中の多くの歯科医院で使用されており、過去の臨床実績も豊富で、安心して使用できるインプラントといえます。

体制3 優秀な技工士とのチーム医療

インプラントの歯となる部分(上部構造)は歯科技工所という別のところで作成します。1から100まですべて歯科医師が作るわけではありません。つまり、いくら歯科医師の能力が高くとも、連携している歯科技工所の能力が高くなければ決してよい上部構造(被せ物)は作れないということです。特にインプラントの被せ物は、技工士さんの腕の見せ所です。

当院では、ホワイト・アートという歯科技工所さんと連携し、インプラントの上部構造を作製しています。ホワイト・アートさんがつくる技工物はクオリティが非常に安定しており、安心して任せられる技工所さんです。

体制4 すべての症例に対応するこだわりの治療法

こだわりの治療法1. トップダウントリートメント

トップダウントリートメントとは模型上で機能的・審美的に適した最終目標を決め、それに基づき治療計画を立案していく治療法のことです。

この工程を経ることで、患者様の理想とする歯並び・形を忠実に反映でき、かつ、咬み合わせや、歯肉の状態、そしてインプラントを埋め込む骨の問題などが浮き彫りとなり、それらに対しての適切な対応(咬みあわせ改善・歯肉再生療法・骨再生療法)が可能となります。

こだわりの治療法2. 「骨が少ない」難症例の方にも対応

あごの骨が少なくなっている場合、基本的にインプラントを埋め込むことはできないのですが、骨再生治療骨移植術という技術を駆使することで、少なくなったあごの骨を増やし、インプラントを埋め込むことが可能になります。この術式には「ソケットリフト」「サイナスリフト」「GBR」などがあります。

また、お口の状態によっては、骨再生療法等ではなく、骨がある部分を見つけ、その部分にインプラントを埋入する治療法も行っています。骨再生療法の場合、骨が形成されるまでに一定の時間を要するため、治療期間が長くなってしまうというデメリットがありましたが、この治療法はそのデメリットを克服したものです。

具体的には、短いインプラント(ショートインプラント)を使う方法、骨のある部分に傾斜させて埋入する方法(傾斜埋入)などの術式を利用します。

当院では、このような高い技術力が求められるインプラント治療を実施しておりますので、他院で「骨がないのでインプラントはできません」と言われた場合でも当院で対応可能なケースがあります。お悩みの方は一度当院にご相談ください。

体制5 安心の「10年」長期保証!

インプラントは、下記の3つの構造で作られています。それぞれの部位で当院では保証期間を設けています。

※ 保証条件として、定期メンテナンスに通うこと、歯科医院が意図するレベルで日常的な口腔管理が行えていること、精神的に安定していること、ナイトガード着用指示があった場合にそれを遵守することが条件となります。詳しくは当院までお問い合わせください。

体制6 「アフターフォロー」-可能な限り長く使用していただくために

よく、「インプラントを入れればお口の手入れは不要ですよね」とご質問されることがありますが、「天然歯よりもしっかりとお手入れする必要があります」とお答えしています。

インプラントは人工物なので、天然歯のように虫歯にはなりません。しかし、歯周病にはなります(インプラントの場合は「インプラント周囲炎」と呼びます)。インプラントを埋入した後に脱落することがあるのですが、多くは、この「インプラント周囲炎」が原因です。

歯周病と同様の症状で、インプラントを支えている骨が細菌により徐々に溶かされ、最終的にはインプラントを支えきれず脱落してしまう病気です。インプラントは天然歯と比べて、3倍歯周病になりやすいという報告も出ています。

当院では「科学的根拠に基づいた予防プログラム」を組んでいます。

今や歯科医療も進歩し、「インプラント周囲炎を防ぐためにはどうすればいいのか」、「インプラント周囲炎になってしまった場合どのような処置をすれば改善するのか」などが科学的に実証されており、その通り行えば、インプラント周囲炎はコントロールが可能になっています。

この手法は日本でも広まっていますが、忠実に実施している医院はほとんどありません。
行うべき全体の一部だけを取り入れているのがほとんどだと思います。

具体的には、各種口腔内検査により、歯質の状態、インプラント周囲炎のなりやすさなどのデータを取得し、PMTC(専門の機器を用いたプロによるクリーニング)やTBI(ブラッシング指導)、生活習慣改善を併用した患者様独自のオーダーメイドのプログラムを構築していきます。

これからは、治療後のメンテナンス(特にインプラント周囲炎)にどれだけ力を入れている医院なのかを、事前に見極めることが大切となります。

「インプラント」が選択肢のすべてではありません

「インプラント治療が一番良い治療法とは限らない」

これはとても重要な考えです。歯を失った部分の治療には、インプラント以外に入れ歯やブリッジなどの治療法もあります。

インプラントには、たしかに他の治療にはないメリットがたくさんあります。ただ、他の治療より全ての面で優れている訳ではありません。

インプラントは外科処置が必要であり、それがどうしても不安な方もいらっしゃいます。その時は、一度、入れ歯にトライしてみるのも一つの選択肢だと思います。

また色々な医院で話を聞いたからといって、インプラントだけが唯一の治療法と思いこまないで下さい。あなたにとってインプラントが色々な意味で負担が大きいと感じれば、それは「いまインプラント治療をする時ではない」のかもしれません。

あたなが心から「インプラントがしたい」と思える時が、治療をする時です。

歯を失った場合の治療法は3つあります

①インプラント

様々なメディアで「インプラント」は取り上げられて おりますので、この言葉を耳にしたことがある方は多いかと思います。

インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療において最先端の治療方法だと言えます。この治療法では、歯を失われた箇所に人工のネジを埋め込み、その上にかぶせものを装着します。

それにより、天然歯と同程度の噛む力まで回復することが可能です。後述する入れ歯やブリッジと異なり、周囲の天然歯に負担を掛けることもなく、見た目においてもほとんど自分の歯と変わらないこともインプラントの特徴です。

②	入れ歯

入れ歯は歴史ある治療法です。入れ歯には、「部分入れ歯」や「総入れ歯」など失った歯の本数に応じて様々な形態の入れ歯が存在します。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の中では安定感がないと言われておりましたが、近年では入れ歯に用いる素材や技術は日進月歩で改善されており、快適に利用できる入れ歯を作ることが可能となっております。

また、当院のドクターは、大学病院で入れ歯治療のノウハウを取得しておりますので、患者様からご要望の強い「よく噛みやすい」「痛くなりにくい」「目立ちにくい」入れ歯を高いレベルで提供することができます。

詳しくは入れ歯をご参照ください。

③ブリッジ

インプラント治療が普及する以前は、歯を失った場合における治療法の第一選択肢として「ブリッジ」が考えられていました。

ブリッジ治療では、右図のように失った歯の両隣の歯を削って土台を作り、両端から橋渡しをするような形で失った歯を補います。

ブリッジ治療の特徴である「両隣から橋渡しをするような形で失った歯を補う」ことにリスクが無さそうに思えますが、実はリスクが存在します。

しっかりと咬み合わせを考慮しないままブリッジにした場合,土台となる両隣の土台となる両隣の歯には大きな負担が掛かることでグラグラし始め、将来的に抜歯しなくてはならないケースが多く存在します。
このようなリスクをしっかりと認識したうえで治療法を選択することが大切です。

当院の「インプラント治療」にかける想い

ご自身の歯が一番です

自分の歯を可能な限り残す
これが私の考えです。そして歯科医学的にも正しい答えになります。

私は、ご自身の歯を可能な限り残す治療を、この業界に入ってからずっと追求してきました。
しかし、残念ながら患者様から次のようなことを言われてしまう事があります。

「何度も治療に来るのが面倒なので、その歯を抜いてください」
「歯がなくなっても入れ歯とかインプラントがあるから問題ないですよね」

このようにお話しいただく患者様の気持ちは十分に理解できます。
しかし、ご自身の歯を超える治療法は存在しません

これは「自分の歯のように噛みやすい」と言われているインプラントであっても同様です。

そのため、どうしても抜かなければならないケースを除いては、ご自身の歯を残す方向で治療法をご提案させて頂いております。

しかし、その歯を残すことで、その他の健康な歯に悪影響を及ぼしてしまう場合は、躊躇なく抜歯のご提案をさせて頂きます。

インプラントQ&A

金属アレルギーでもインプラント治療は受けられますか。
当院のインプラントは純チタン製です。チタンという金属は、金属アレルギーを起こりにくい素材です。かぶせもの(上部構造)の材料も金属を使わない方法もありますのでご安心下さい。
喫煙者でもインプラント治療はできますか?
喫煙者でもインプラント治療を受けられる事がありますが、禁煙をおすすめします。
専門的な話なので割愛させて頂きますが、喫煙をするとインプラントが骨に結合しにくくなったり、身体の抵抗力が弱まることで手術後の傷の回復が遅くなってしまいます。
妊娠中にインプラント治療の手術はできますか?
手術は行えますが、術前の診査段階で行う歯科用レントゲンの放射線や精神的なストレスを考えますと出産後の手術の方が良いでしょう。
インプラント治療の年齢に制限はありますか?
年齢による上限の決まりはありません。しかし、高齢になると基礎疾患をお持ちの方がほとんどですので、内科医と相談する必要はあります。
重度の歯周病でもインプラント治療はできますか?
重度歯周病の状態では、インプラント治療は行えません。なぜなら、泥沼の上に家を建てても基礎が弱くすぐに崩れてしまうのと同様に、歯周病の状態でインプラント治療を行ってもすぐにインプラントが脱離してしまうため、まずは歯周病治療を行ってからでないとインプラント治療は行えません。

歯周病治療を行った後であればインプラント治療はできますのでご安心ください。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

  • 無料相談
  • インターネット予約
  • 042-316-4665

症例集

症例に関しては症例集をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。