東京都小金井市の歯医者(歯科医院)。武蔵小金井駅2分、土日も診療、評判・口コミ|ライフ歯科|訪問歯科診療

ライフ歯科

ライフ歯科では介護施設や在宅で寝たきりの方、歩行困難な方、入院中で通院できない方などで、歯科治療が必要な患者さんを訪問し、歯科診療を行う「訪問歯科診療」を積極的におこなっております。在宅診療とも呼ばれます。

寝たきりや身体がご不自由な方は、どうしてもお口の中が不潔になり、手入れが充分にできないことが多いものです。
そして、行動に制限がある方々にとって、食べることは大きな楽しみであるはずです。

歯や歯ぐきなどお口の中を清潔にすることで、味がよくわかるようになるばかりでなく、それが生きがいや健康維持につながります。

少しでも快適な食生活をお送りいただくために、下記に該当する場合は、ぜひ当院の「訪問歯科診療」をご利用ください。

お口に合った入れ歯にすると、食事が美味しく食べられます。
歯周病、対象の歯に一定以上の負荷がかかる、かぶせ物が外れる可能性があります。
入れ歯の不適合、飲み込みの機能に障害のある可能性があります。
麻痺などにより、食事動作に障害のある可能性があります。
患者様の症状にあわせた摂取方法を検討いたします。
飲み込みの機能に障害のある可能性があります。誤嚥や誤嚥性肺炎が懸念されます。
飲み込みの機能に障害のある可能性があります。
歯周病の進行、入れ歯による強い圧迫の可能性があります。
歯周病、隣接面のむし歯の可能性があります。
ブラッシングの指導や口腔ケアをいたします。

ライフ歯科式・訪問歯科診療

当院の訪問歯科診療の特徴についてご紹介します。

特徴1 高齢者医療に精通した充実のチーム医療

訪問歯科診療は、他の歯科治療と異なり、患者様がご高齢であることやご病気を考慮した上で、治療を行う必要があるため、特殊な知識と経験が求められます。また、年齢を重ねるにつれ、虫歯や歯周病の感染リスクも増大するため、ご家族、介護施設の方には一層の注意を払って頂く必要があるのですが、日々の家事や仕事に追われ、なかなか細かい部分まで見ることはできないのが現状です。

当院では、そのようなご家族や介護施設の方の負担を軽減するため、高齢者医療に精通した経験豊富なドクターを中心としたチーム医療を提供しております。ケアマネージャーや介護福祉士(国家資格)の資格を持ったスタッフも在籍しておりますので安心してお任せ頂けます。また、訪問歯科診療の専任ドクターも在籍しておりますので、患者様の状態に応じて柔軟に対応することはもちろん、可能な限り即日対応できる体制を整えておりますので、訪問歯科診療を検討されている方は、まずは当院にご相談ください。

Dr. 平島 ― 高齢者医療(入れ歯含む)の専門家

Dr. 堀江 ― 訪問歯科診療の専任ドクター

Dr.峰

Dr.後藤

Dr. 平島 ― ケアマネージャーの有資格者

Message
私が歯医者になったのは、歯が悪い祖父にいつまでも美味しく食べてもらう手助けがしたかったからです。祖父が亡くなった今、その想いを全ての高齢の患者さんに向けながら、訪問診療に従事して参りました。訪問診療では、歯科医と患者さんの他に、ご家族やヘルパーさん、ケアマネージャーさんなどたくさんの方々との関わりがあります。そういった方々が、患者さんのお口の状態を心配して、私達に繋いで下さるのです。歯科医は、介護に関することについては素人です。私も、介護現場の方々との連携が上手くいかず悩むことが多々ありました。そのため、介護に関して学び、ケアマネージャーの資格を取得致しました。患者さんの生活と歯科医療とをスムーズに有意義に繋げていくため、全力を尽くさせていただきます。

訪問診療を依頼する事にためらいのある方、歯科スタッフとの連携に不満がある現場の方々、どうかご相談下さいませ。お待ちしております。

Dr.星野

Message
歯科は体の自然治癒力が作用しにくい分野です。そのため患者さんの歯に関わる歯科医の責任はとても大きいと感じます。
どこの歯医者も同じ、ではなく、この医院、このドクターに治療してもらいたいと思っていただけるよう、丁寧かつ適切な治療をしていきたいと思います。

Dr. 城

Message
お口の中はちょっとした変化でも食事などの生活に影響が出る、重要な部分です。従ってどういった状態なのか不安になる点も多いと思います。患者さまのお話をよく伺って、どのような治療が必要かご説明しながら丁寧に進めていきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

Dr. 中村

Message
東京農工大学に通学するため広島から上京し、はじめて住んだ街が武蔵小金井でした。お世話になった街の人々に貢献できればと考えております。
患者さん一人ひとりにとって最適な治療を提供できるよう全力を尽くします。

Dr. 城

Message
歯を守ることの大切さ、について患者さまの知識を高めることで、患者さま利益に繋がるようにしていきたいと思っています。
わからないことはどんどん聞いていただき、患者さまにとって何が大切かを一緒に考えていきたいと思っています。
患者さまが長く、健康で美味しいものを食べられるように協力して参りたいです。

Dr. 若杉 ― 高齢者医療・嚥下内視鏡検査の専門家

Message
歯科医師として、歯を治すだけでなく、患者さんの「食」を支えることが必要だと思っています。いつまでも食事を楽しむことができるよう、お手伝いいたします。なにか困ったことがございましたら、いつでもご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

特徴2 誤嚥性肺炎のリスクを軽減する精密診断

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、細菌を含んだ唾液などが肺に入ることで発症する肺炎のことです。

食べ物や飲み物を飲み込む動作を「嚥下(えんげ)」、この動作が正常にできないことを「嚥下障害」といいます。

嚥下機能が低下し、食べ物や飲み物が正しく食道へ入らずに誤って気道にはいることを「誤嚥(ごえん)」といい、気道で細菌が繁殖し肺炎を起こすことがあります。

健常者であれば、誤って気道に入った場合も咳で吐き出すことができ、細菌から身を守る免疫機能が十分に備わっているので、大きな問題にはなりません。しかし、要介護の高齢者、特に寝たきりや介護度の高い方は、そうした咳の動作が難しいことがあるため、細菌が気管に入りやすく、さらに抵抗力や免疫機能の低下から、誤嚥性肺炎になりやすいと言われています。

また、誤嚥性肺炎は繰り返すことがあります。抗菌薬を繰り返し投与することで、細菌が薬に対する耐性を持ち、抗菌薬が効きにくくなるため、難治性(なんちせい)と言われます。

厚生労働省の統計によると、日本人の死亡原因の第4位は肺炎となっており、肺炎で死亡する人の90%以上は75歳以上であり、90歳以上では死亡原因の2位に順位があがるほど、危険性の高い疾病とされています。

誤嚥性肺炎のリスクを軽減するためには、やはりお口の中を清潔な状態に保つことが何よりも重要です。お口の中の細菌を減らすこと = 誤嚥性肺炎のリスクを減らすことなのです。当院では、訪問した際、定期健診はもちろん、口腔機能の回復プログラムの作成・提案、内視鏡を活用した誤嚥性肺炎のリスク分析を行っております。

嚥下内視鏡を活用した誤嚥性肺炎のリスク分析

当院では、嚥下機能を確認するため、内視鏡を活用した嚥下内視鏡検査を実施しております。鼻の穴から内視鏡を挿入し、食べ物を飲み込む動作を直接映像で確認します。
検査の所要時間は約10~15分です。

この検査を行うことで、「食べ物での誤嚥の有無」「現在の嚥下機能にあった食形態の提示」「唾液での誤嚥はないか」などを調べることができます。

これらの分析結果に基づき、患者様の生活リズムに合わせた口腔機能改善オーダーメイドプログラムを作成し、実行することで、誤嚥性肺炎のリスクを可能な限り軽減します。

当院には、嚥下内視鏡検査に精通した大学病院勤務のドクターが在籍しておりますので、誤嚥性肺炎についての悩みや相談などあれば、当院にお気軽にご相談ください。

コラム―歯周病と全身疾患の関係性(高齢者は特に要注意)

これまで歯周病は、お口の中だけの病気と考えられてきました。しかしながら、近年、歯周病が全身にもたらす影響、また全身が歯周病に与える影響についての研究が進められています。関連性が報告されているものとして次のものがあります。

歯周病との関連でよく言われるのが、「糖尿病」「心臓病」「早産」です。

糖尿病との関連
重度の歯周病の場合、軽度の人に比べ2年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。

心臓病との関連
歯周病菌の作りだす物質が血液中に流れ動脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となります。

健康な人に比べ心臓病発症の危険率が2.8倍といわれています。

早産・低体重児との関連
低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたという報告があります。
また、妊娠中の歯周病をそのままにしておくと早産の確率が高まります。

他にも「肺炎」「脳卒中」などとの関連性が指摘されています。

研究が進み、今や歯周病は、お口の中だけの病気ではないというのが専門家の共通認識です。「歯周病=歯を失う」という認識ではなく「歯周病=命にかかわる場合もある」という認識の転換が必要です。

特に高齢者は細菌に対する防衛能力が弱まっていますので、歯周病や虫歯などで、本来は無菌状態であるはずの血液の中に菌が入り込む菌血症(きんけつしょう)を起こすことがあります。細菌が心臓にまで達すると、発熱や全身の倦怠感(けんたいかん)の症状が見られるようになり、最悪の場合、脳梗塞、心筋梗塞、心不全を引き起こすといわれています。これらを「細菌性心内膜炎」といい、もともと心臓に疾患を持っている場合に起こりやすいと言われています。

そのため、当院では、心臓に異常がある方に対して、抗菌薬を服用しながら歯科治療を行う場合があります(患者様の状態によっては、歯科治療できない場合もございます)。まずは一度ご相談ください。

対象者

要介護状態や障害により歯科医院へ通院不可能な方

往診で行うこと

1. 虫歯、歯周病の治療、予防
2. 入れ歯の作製、修理、調整
3. 口腔ケアで感染症予防 誤嚥性肺炎の予防
4. 摂食嚥下障害のリハビリテーション

治療費用

当院に来院して治療した場合と同じ扱いになりますので、各種保険が適用されます。

老人保険の場合

医療費の医療保険は1割(または3割)、介護保険は1割(または3割)が一部負担金となります。

1ヶ月の医療費自己負担額には所得により上限があります。

医療費自己負担額の上限は、個人(または世帯主)の月内医療費総額が対象になります。

一般所得者の医療費負担総額上限12,000円(1割負担)
一定以上所得者の医療費負担総額上限44,400円(3割負担)

上限を超えたものについては「償還払い制度」により、市町村から超過分の償還払いを受けることになります。

国民健康保険・社会保険の場合

3割負担。

身障者の場合

無料(「心身障害者医療費助成申請書」を自治体に提出済みの方に限ります。また、一部立替払いとなる地域もあります。その場合は後日、自治体より返金されます)なお地域によっては有償での診療になる場合もございます。
※介護保険:口腔内のケア(在宅のみ)は適用となります。
※出張費 および謝礼等は一切いただきません。

診療エリア

当院の所在地から16km圏内にあるご自宅・病院・施設が訪問診療の対象になります。

全エリア対象

小金井市、国分寺市、国立市、三鷹市、武蔵野市、立川市、日野市、調布市、西東京市、東久留米市、小平市、所沢市、東村山市、東大和市、清瀬市、新座市、和光市、朝霞市、府中市、稲城市、狛江市

一部エリア対象

八王子市、昭島市、武蔵村山市、朝霞市、和光市、杉並区、練馬区

詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせとお申込み

Tel:042-316-4665

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

  • 無料相談
  • インターネット予約
  • 042-316-4665

症例集

症例に関しては症例集をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。