東京都小金井市の歯医者(歯科医院)。武蔵小金井駅2分、土日も診療|ライフ歯科(ライフデンタルクリニック)|対談

ライフデンタルクリニック

歯科医師になられたきっかけは?

もともと医療に興味があったのと、幼いときから割りと手先が器用だったので自分は医療の道が向いていると考えていました。医者への道もあったのですが、より裁量が大きく、患者様と近い距離でコミュニケーションを取ることができる仕事がしたかったので、歯科医師になることを決断しました。患者さんと良好な関係が築ければ、その方と長期にわたってお付き合いすることもできますので、その点もこの仕事に魅力を感じた1つです。

休日の過ごし方は?

子どもと遊んだり、音楽を聴いたり、読書をしたり、カメラで撮影したりと、典型的なインドア派ですね(笑)。唯一の例外は、フジロックフェスティバルでしょうか。毎年参加しています。患者様の中にも、きっと参加されている方がいらっしゃると思いますので、その時は遠慮せずお声がけください!

これまでの歩みを教えてください。

大学病院では、主に高齢者向け歯科医療に従事していました。入れ歯の作製・調整はもちろん、高齢者の口腔ケア全般に関する学生への指導や大学病院では難症例の患者様の治療など、本当に多くの経験を積むことができましたね。その後、都内で勤務医として働くことになったのですが、その歯科医院では訪問歯科診療を行っており、私もメンバーのひとりとして参加しました。当時、訪問歯科診療の現状をあまり理解していなかった私は、実際の現場をみて非常に驚きました。施設におられる高齢者の多くが、虫歯や歯周病に感染しており、またお口に合わない入れ歯を我慢して使っているなど、本当に酷い有様でした。

私はこのとき、自分が開業した際は、訪問歯科診療をやろうと決意しました。当たり前のことですが、歯科医療はすべての方に平等であるべきです。高齢者や社会的弱者の方にも、質の高い歯科医療を受ける権利があります。正しい口腔ケアを行えば、お口の健康だけではなく、持病の改善、顔貌の若返り、食欲増進など様々なメリットがあります。皆さんが考えておられる以上に、お口の健康はいろいろなところに影響を及ぼしています。

だからこそ、訪問歯科診療が必要なのです。定期的に訪問歯科診療を行うことで、これまで歯科医院に行きたくても行けなかった方のお口の健康を取り戻すことが可能になります。私は本当にこのような経験ができて良かったと思います。もし、訪問歯科診療を経験していなければこうした現実を知らないまま、人生を過ごすことになったわけですから。

余談になりますが、当院では、質の高い訪問歯科診療を提供するため、大学病院などで高齢者医療に関わってきたドクターを中心としたチーム医療を提供しております。訪問歯科診療を検討されている方は、ぜひご相談ください!

診療のスタイルは?

患者様に納得頂いた上で、治療を進めること

患者様にとって歯科医療は、分からないことだらけだと思います。歯科医療のプロである我々が正しい情報をお知らせし、患者様をサポートする。

もし患者様が誤った理解をされている場合は、理解頂けるまで何度も説明する。一見時間がかかっているように感じるかもしれませんが、こうした積み重ねが歯科医師と患者様が信頼関係を築く上で何よりも重要だと思います。

最後に一言お願いします。

患者様にとって、歯科医院はテーマパークやレストランとは違い楽しいところではないかもしれませんが、当院ではできるだけ居心地がよくなるよう様々な工夫を施しております。当院の内装は、一級建築士が手掛けており、デザイン性に優れているだけでなく、落ち着いた空間設計になっているので、患者様の不安や緊張を和らげる効果があります。また、お子様に好評のキッズスペースもご用意しております。患者様に見えない部分においても、当院ならではのこだわりを随所に盛り込んでおりますので、ぜひ当院にお越しいただき、そのこだわりを体感頂ければと思います。スタッフ一同お待ちしております!

歯科医師になられたきっかけは?

小学生のときから、ボランティアに興味があり、よく老人ホームなどにお手伝いに行っていました。当時から、将来はそういうところで貢献できる人間になりたいと思っていましたね。高校卒業時に家族や親戚の方から「それなら歯科医師になって、困っている人を助けてあげれば」と勧められ、大学の歯学部へ進学することになりました。

大学では、高齢者医療と小児歯科を中心に学びました。
高齢者医療は、前述の通り、以前から興味があったので、外部研修などにも積極的に参加して多くのことを学びました。また、女性であれば、お子様を診療する機会も多いと考え、小児歯科を専門とされる先生に師事し、お子様との接し方や親御様への説明方法など、実践で役立つことをたくさん学びましたね。

当院では、訪問歯科診療や小児歯科にも力を入れているので、非常にやり甲斐を感じています。私は主に小児歯科を担当しているのですが、機会があれば訪問歯科診療にも参加したいですね。

休日の過ごし方は?

時間があれば散歩しています。街並みなどの景色を楽しみながら歩くことが好きですね。
歩くことが全然苦にならないので、気づいたらかなりの距離を歩いていたなんてことも日常茶飯事です(笑)。

主にお子様を担当されていますが、どのようなスタイルで接していますか?

お子様とは積極的に会話するように心がけています。やはりお子様にとって歯医者は怖い場所ですし、治療をするだけでは決して歯医者を好きになることはありません。だからこそ、私がお子様の表情の変化に気づいて、そこから会話をして、お子様が少しでもリラックスできるように努めています。特に初めて来院されるお子様は、表情が強張っているので、コミュニケーション抜きで、無理やり治療するとトラウマになってしまい、今まで以上に歯医者のことが嫌いになってしまいます。

小児歯科の担当ドクターとして、それは避けなければいけないことですし、そんなことになればドクター失格です。これは歯科医療のすべてに当てはまることですが、患者様の協力があって、初めて良い治療を行うことができます。これは小児歯科も例外ではありません。

1回の診療時間は限られていますので、もし無理だと判断した場合は、その日は様子見をして、次回に治療を持ち越す場合もあります。

お子様に「歯医者の雰囲気に慣れてもらうこと」。

これが何よりも重要であると考えていますし、そのための時間と労力を惜しむつもりはありません。

小児歯科の魅力とは?

お子様の成長を見ることができる

これに尽きますね。回を重ねるごとに、変化を感じることができるので、毎回お子様とお会いするのが本当に楽しみです。

私自身、子どもが大好きなので、毎日たくさんのパワーをもらっています。一人でも多くのお子様に、歯医者を好きになってもらえるよう、これからも頑張って行きたいと思います。

矯正医を目指されたきっかけは?

大学の研修プログラムの一環で、ある歯科医院へ見学に行きました。そこの先生は患者様としっかりお話をした上で、治療を開始することをしっかり行っていました。私は、その診療スタイルに大変驚きました。通常、大学病院では、患者様一人あたりに割ける診療時間が限られているため、効率よく診療を行う必要があります。ですから、我々が適切な治療法を判断し、簡単な説明を行い、治療を行う。これが当たり前でした。

大学病院には、日々多くの患者様がお越しになられるので、正直仕方がない面もあると思います。ただ、私自身は、じっくり時間をかけて患者様のお悩みやご要望をお伺いした上で、治療を行いたいという想いがあったので、その先生の診療スタイルをみて、これこそが歯科医療のあるべき姿だと確信しました。

そんな私を見た先輩が、「それなら矯正医が良いと思うよ」とアドバイスしてくれたんです。当時、何を専攻するか迷っていた私は、確かに矯正であれば、患者様とじっくりお話することができるし、患者様と二人三脚でゴールを目指すスタイルは、自分の理想にも合致していると思い、矯正医になることを決意しました。今振り返っても、この決断は間違っていなかったと自信をもって言えますね。

先生にとって矯正とはなんですか?

患者様の人生をプラスに変えてしまう治療」です。

これまで多くの方の矯正治療を担当してきましたが、治療後にこれほど患者様に喜んで頂ける治療は他にないと思いますね。

矯正治療はどうしても一定期間の治療が必要となりますが、それを我慢すれば非常に多くのものを手に入れることが出来ます。例えば歯並びが美しくなれば虫歯や歯周病のリスクが大きく下がりますし、ご自身の歯に対する意識も高まりより健康なお口を手に入れることができるので、矯正には患者様の人生をプラスに変える力があると思います。

また、矯正治療を進めていく中で、患者様の表情がどんどん明るくなり、日々の振る舞いまで変わっていく姿を見ていると、担当ドクターとして非常に嬉しく思いますし、自分が患者様の人生に関わっていることに対し、誇りを感じます。

最後に読者にメッセージをお願いします。

矯正というと「歯並びが良くなる」というイメージしかお持ちでない方が非常に多いと思いますが、その歯並びが良くなるだけでこのような前述の通り素晴らしい成果を生むことができることをもっと多くの方に知ってもらいたいですし、実際に今、歯並びなどで悩んでいる方には是非ともお勧めしたいですね。

治療するしないにかかわらず、「歯並びが気になる」という方は、一度お気軽にご相談に来てみてください!

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

  • 無料相談
  • インターネット予約
  • 042-316-4665

症例集

症例に関しては症例集をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。